じっくり味がしみ込んだホクホク煮物に【備長炭】

煮物を煮崩れなく、美味しく作るためにも備長炭は効果を発揮します。しかも、備長炭のパワーで、食材の中まで火がよく通り、味がしみ込み易くなるので、味がしみ込んだホクホクの煮物が出来上がります。

【用意する物】
備長炭 約100g

【準備】
備長炭をタワシでよく洗う(洗剤を使わない)
 → 10〜15分煮沸消毒する → 風通しの良い所で一日干す

【使い方】
きれいに洗った備長炭を入れて一緒に煮る。

【使用期限の目安】
一回
※一度使った備長炭はよく洗った(【準備】)あと置き炭や消臭用に使う。

一日履いた靴の中に【備長炭】

一日履いた靴の中に備長炭を入れておくと、除湿&消臭の効果でスピーディーに靴の中が乾燥しにおいも取れます。除湿&消臭のできた靴は、備長炭を入れたまま下駄箱にしまっても、さらに効果が期待できます。

【用意する物】
備長炭 約50〜100g(靴の片方)

【準備】
備長炭をタワシで洗う(洗剤は使わない)
 → 一日風通しの良い所で干す。

【使い方】
備長炭を布やキッチンペーパーなどに包んで靴に入れる

【メンテナンス】
半年から一年に一回【準備】を繰り返す

【使用期限の目安】
半永久的


備長炭の購入はこちら

野菜が長持ち【備長炭】

備長炭のすぐれた吸着力でエチレンガスを吸収し野菜の鮮度を保ちます。また、格段に置くことによって冷蔵庫の消臭効果あり

【用意する物】
備長炭 約300〜500(野菜室)
      約200g(格段)

【準備】
備長炭をタワシで洗う(洗剤は使わない)
 → 一日風通しの良い所で干す。

【使い方】
備長炭をそのまま置くか、キッチンペパーや布巾など通気性の良いものに包む。

【メンテナンス】
一ヶ月に一回、【準備】を繰り返す。

【使用期限の目安】
半永久的


備長炭の購入はこちら

自然の空気清浄機【備長炭】

備長炭を部屋に置くことによって、備長炭が湿気や嫌な臭いを吸着し、有害な電磁波を遮断します。さらにマイナスイオンが増えて、部屋が清々しくなり、気分が爽快になります。
※ストーブなど火気・熱源の近くに炭を置かないで下さい。


【用意する物】
備長炭
理想的な目安は、8畳ので30kg・6畳で20kgと言われています。ですが、量、金額が大きくなってしまいますので、少しずつでも置いていかれることをオススメします。

【準備】
備長炭をタワシで洗う(洗剤は使わない)
 → 一日風通しの良い所で干す。

【置き場所】
カゴなどに入れて部屋の四隅に置く

【メンテナンス】
半年から一年に一回【準備】を繰り返す

【使用期限の目安】
半永久的


備長炭の購入はこちら


家庭で作れるミネラル・ウォーター【備長炭】

備長炭が塩素、トリハロメタンなど有害化学物質を吸着し、の中の微生物がそれらを無毒化し、同時にに含まれているミネラルが溶け出して安全でおいしいアルカリ性のミネラル・ウォーターを作り出します。


【用意する物】
備長炭 約100g(目安 水1リットル)

【準備】
備長炭をタワシでよく洗う(洗剤を使わない)
 → 10〜15分煮沸消毒する → 風通しの良い所で一日干す

【使い方】
備長炭をヤカンや水瓶に※約31時間そのまま入れておく → 使い終わったら備長炭を軽く水洗いする
塩素を完全に取り除く為

【メンテナンス】
一ヶ月に一回、【準備】を繰り返す。

【使用期限の目安】
約3ヶ月
備長炭のミネラル分が約3ヶ月で溶け出してしまうため。
※ミネラル分は約3ヶ月で溶け出してしまいますが、塩素や有害化学物質を取り除く目的ならば、吸脱着作用は残っているので、水道水を浄化する効果はあります。


備長炭の購入はこちら

遠赤外線効果でふっくらご飯【備長炭】

炊飯にを入れて二つの効果
@遠赤外線効果で米一粒一粒にまんべんなく熱を伝え、水をまろやかにする効果と相まって、ふっくら美味しく炊き上がります。

A炊飯中に溶け出したミネラルがお米に吸収され、カルシウムをはじめ人体に必要なミネラル類がバランスよくたっぷり含んだご飯が炊き上がります。


【用意する物】
備長炭 約100g(目安米2〜4合)

【準備】
備長炭をタワシでよく洗う(洗剤を使わない)
 → 10〜15分煮沸消毒する → 風通しの良い所で一日干す

【使い方】
研いだ米の真ん中に備長炭を入れて炊く → 炊き上がった後、
しばらく備長炭を入れておく → 使い終わったら備長炭を軽く
水洗いする

【メンテナンス】
二週間に一回、【準備】を繰り返す。

【使用期限の目安】
約3ヶ月
備長炭のミネラル分が約3ヶ月で溶け出してしまうため。


備長炭の購入はこちら

体の芯から温まる備長炭風呂【備長炭】

を入れると、遠赤外線効果で体の芯まで温まり、塩素を除去し、水を活性化するので、生理的にも精神的にも非常に良い効果をもたらします。


【用意する物】
備長炭1.5kg(一般家庭の目安)
袋(備長炭を入れるもの)
※2セット用意すると長持ちする。

【準備】
備長炭をタワシで洗う(洗剤は使わない)
一日風通しの良い所で干す。

【使い方】
備長炭を袋に入れる → 浴槽に水を入れ始めるときに備長炭を入れる

【メンテナンス】
一週間に一回、袋ごと水でザブザブ洗う → 風通しの良い所で干す

一ヶ月に一回、袋から出してタワシで良く洗う(洗剤は使わない)
 → 風通しの良い所で干す

【使用期限の目安】
約3ヶ月
備長炭のミネラル分が約3ヶ月で溶け出してしまうため。


備長炭の購入はこちら

炭の8つの効果【備長炭】

【炭の8つの効果】

@有害化学物質の吸収と微生物による無毒化(消毒・腐敗効果)

A天然ミネラル類の供給

B嫌な臭いの消臭効果

C調湿効果(吸湿と放湿のダブルアクション効果とシロアリ防除

D遠赤外線の温熱効果

Eマイナスイオンによる酸化の防止と空気の清浄化

F有害電磁波およびラドンの吸収遮断

Gクラスター(水分子の集団)を小さくするなど、波動を整える


備長炭の購入はこちら

炭の秘密【備長炭】

suminoana.jpg

には肉眼では見えませんが、2〜3マイクロメートル

(1マイクロメートルは1000分1mm)の孔が縦横無尽に

あいています。
 
 小指の先ほど(1g)のの孔の内壁総面積は、

約300u。25mプールや、テニスコート1面分の広さと

いわれています。

 この表面積の広が湿度調整力と水・空気をきれいにする力

になっており、そして、孔に行き止まりがないため、すべての

孔が外気に触れているので、水・空気を通しやすく、目に見えない

水道水の塩素や、空気中のホコリやカビを濾してくれます。
 
 また、この孔には無数の微生物が棲んでおり、本来

の吸着効果に加え、私たちにたいへん有益な働きをしてくれます。

を室内に置くと、臭いや湿気はもちろん、環境ホルモン

といわれる有害物村までも取り込みます。その取り込んだ

有害物村を微生物がほとんど分解し、無害なものに

変えてくれます。


備長炭の購入はこちら




炭の種類【備長炭】

の種類には大きく分けて2種類あります。「白炭(しろすみ)」と「黒炭(くろすみ)」です。

【特徴】
白炭―硬くて重く、火がつきにくいが、一旦火がつくと火力が強く、火持ちがよく消えにくい為、主に高級な料理用燃料として使われている。

黒炭―軟らかくて軽く火がつきやすい。火持ちはしないが、発熱量が多い為、一般燃料として使われている。

【原木】
白炭―材料となる木は、カシやナラなどの堅い木を使います。有名な備長炭は、カシ類の中でもっとも堅いウバメガシ(老目樫・馬目樫)を原木に使っています。

黒炭―材料なる木は、主にクヌギやコナラなごの軟らかい木を使います。茶道炭としては「池田炭」「佐倉炭」が有名です。どちらも良質のクヌギを使った黒炭です。

【温度】
白炭―1,000〜1,200度で焼き上げます。

黒炭―600〜800度で焼き上げます。

【消化法】
白炭―炭を窯の外に出し、「消粉」と呼ばれる炭灰(樹皮の灰と、炭焼き後灰を、水で練ったもの)をかけて、一気に消化します。白炭の表面の白い粉は、この消粉です。「白炭」の由来はここからきています。

黒炭黒炭は窯内で消化します。窯の空気口を粘土で塞ぎ、空気を遮断し、温度が下がるまで放っておきます。白炭のように消粉をかけないので表面は黒いままなので、「黒炭」と呼ばれています。


備長炭の購入はこちら






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。