炭の種類【備長炭】

の種類には大きく分けて2種類あります。「白炭(しろすみ)」と「黒炭(くろすみ)」です。

【特徴】
白炭―硬くて重く、火がつきにくいが、一旦火がつくと火力が強く、火持ちがよく消えにくい為、主に高級な料理用燃料として使われている。

黒炭―軟らかくて軽く火がつきやすい。火持ちはしないが、発熱量が多い為、一般燃料として使われている。

【原木】
白炭―材料となる木は、カシやナラなどの堅い木を使います。有名な備長炭は、カシ類の中でもっとも堅いウバメガシ(老目樫・馬目樫)を原木に使っています。

黒炭―材料なる木は、主にクヌギやコナラなごの軟らかい木を使います。茶道炭としては「池田炭」「佐倉炭」が有名です。どちらも良質のクヌギを使った黒炭です。

【温度】
白炭―1,000〜1,200度で焼き上げます。

黒炭―600〜800度で焼き上げます。

【消化法】
白炭―炭を窯の外に出し、「消粉」と呼ばれる炭灰(樹皮の灰と、炭焼き後灰を、水で練ったもの)をかけて、一気に消化します。白炭の表面の白い粉は、この消粉です。「白炭」の由来はここからきています。

黒炭黒炭は窯内で消化します。窯の空気口を粘土で塞ぎ、空気を遮断し、温度が下がるまで放っておきます。白炭のように消粉をかけないので表面は黒いままなので、「黒炭」と呼ばれています。


備長炭の購入はこちら






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。